JR東日本

車両広告専門店で取り扱っている「窓上ポスター」は、車両広告の中で中吊り広告と並んで代表的な広告媒体です。座ったりつり革につかまっている状態でちょうど乗客の目線にくるため自然と目に入ってきます。混み合った車内では、スマートフォンなどを触るという事も難しいため隅々まで読んで頂ける広告効果の高い商品といえます。最近は、B3サイズが2つ並ぶワイド判を多く見かめるようになりました。窓上ポスターのサイズは電鉄会社により異なるので、窓上ポスターの上下にくるホルダーの有無やホルダーで隠れる部分も含め印刷仕様の詳細は、それぞれの交通広告窓口に最終確認を取って下さい。またすべての交通広告において電鉄会社の審査が行われるため事前にデザイン確認も必要となります。

JR東日本版では、窓上B3(364×515)や 窓上ワイド(355×1060)にて
東武鉄道・西武・都電・京成では、B3(364×515)や B3ワイド(364×1030)にて
東京メトロ・都営地下鉄・東急・西武・小田急・京王・相鉄では、
インターサイズ(280×515)や インターサイズワイド(280×1030)での窓上ポスター印刷制作が一般的です。